キャッシング審査で気になる在籍確認のしかた

キャッシングの審査で特に気になるのが在籍確認がどう行われるのか、という点です。
職場に知られたくないと心配する人もいるでしょうし、うまく在籍確認自体ができるのか不安だ、という人もいるでしょう。

在籍確認については担当者が個人名のみで電話をかけるため、キャッシングであると知られることはありません。その点は心配しなくてもよいでしょう。
問題は在籍確認自体が可能かという点です。

いまは個人情報保護の観点から、社員の在籍の有無も含めて一切電話では応答しないという会社も出てきています。
これでは申し込みをした人の在籍確認がとれないですから、別の方法をとるしかありません。このようなケースでは複数の収入証明書や社会保険証などを使って書類での確認を強化するようです。


レイクは総量規制対象外

レイクというと消費者金融金融大手の4番目か5番目に位置する準大手かなといったイメージがありませんか。実はレイクは昔は外資系投資グループ所属の消費者金融でしたが、新生銀行が買収した事により銀行系カードローン会社に業態がかわっているのです。

何が違うのかというと、非常に大きな意味を持ちます。それは総量規制の対象外となる事です。

総量規制とは年収の3分の1以上の貸出を行えないといった制度ですが、これは貸金業法に規定される消費者金融業者のみに適用されます。それに対して、銀行系カードローンは銀行法が適用されますので、総量規制の対象外になるのです。同じ様な仕事をしているのに規制が違うって面白いですね。

総量規制一杯まで借入を行ってしまった人は、一縷の望みをかけレイクに頼ってみるといいかもしれません。


キャッシングは手数料と利息、バランスよく使って得に使いましょう。

きっかけは、メールマガジンです。

丁度現金に多少困っていたのと、対面審査なし。電話のみでOK!って言葉に引かれて、テレビCMで良く見かけるキャッシング会社へ申込みました。

PC経由で登録、免許証のスキャンデータを送るだけで登録、カードは郵送との事でしたが、結果は無人店舗へ来て手続きをしてくれ。との事でした。

無人店舗と言っても結局テレビ電話経由ですから、対面と変わりません。

確かに即日カード発行、即日利用は可能でしたが、結局無人店舗へ行く手間は有ります。

キャッシングで返済は最低額(私の場合は5000円)の返済で利用できます。

更にATM利用額が無料なので上手く使えば非常に便利だと思います。

例えば、利用銀行のATMが無く、夜間の場合はATM利用料+夜間割増料金が取られますが、

私の利用しているキャッシングカードはいつでも利用料は無料です。

ですので利用額を翌月にそのまま返済すれば、下手に銀行ATMを利用するより良いです。

コンビニで手数料無料も有りがたいです。

銀行系のキャッシュカードですと他店舗扱いとなり手数料が取られますから。

ちゃんと返済さえしていれば、銀行のキャッシュカードと同じに使えます。

キャッシングカードは便利です。

但し当然ながら金利がかかります。

そのことをしっかりと認識すればとても便利な物です。

手数料無料と金利(手数料の金額)をしっかりと把握していれば、

銀行のキャッシュカードよりも割安で使える可能性が有ります。


キャッシング、カードローンは時に敵にも味方にもなる

転職したことで、給料が減り、いままでの生活水準を保つためにリボ払いを始めたことがきっかけです。それまで使ったことはなかったけれど、一回使い始めたのをきっかけに限度額が自分の預金額のような錯覚を起こし、足りなくなれば新しいカードを作成し、どんどんと利用額が増えていきました。まだ限度額に余裕があるうちはキャッシングやカードローンを使うことをやめられませんでした。

転職したてで給料が少ない中、やりたいことにどんどんチャレンジすることができて自分の知見を広げ成長につなげることができました。しかし使い慣れてしまったことで限度額が自分の預金額と錯覚し、返す計画を立てずに気づけば限度額まで使い切ってしまいました。給料が上がった今でもその返金に追われ、収支のバランスが取れず毎月利子を含めた支払いに追われていることで、精神的にとてもつらいです。良かった点は自分がなかなかチャレンジできない一歩をお金を借りれたことで踏み出せたことです。困った点は無計画に使ってしまったことで現在生活が困窮してしまっていることです。

借りる時には必ず返すための計画を持ってください。返済に向けてどうやって稼いでいくかの手段を持ちましょう。借りてるお金が抱え切れなくなってくると精神的に追い詰められるし、身体にも不調をきたします。身体を壊して働けなくなったら返すお金も稼げません。

私はギリギリまで追い込まれないと考えられないタイプなので、借りれるお金がなくなってようやく重い腰を上げました。そうやって追い詰めないと稼ぐ力をつけられないという人はいいのかもしれませんが。


返済さえ気をつければ、とても助かるキャッシング

私は以前、買い物中にどうしても欲しいものがあり、買おうとしたのですが現金が無かったんです。

カードで支払おうとしてもクレジット不可。お金を下ろしに銀行に行くにしても、通帳残高が足りない・・。

給料まで待つにしても、振り込みまであと10日もありそれまでその商品が残っている保証も無く、他に売っていないものでしたので楽天銀行のキャッシングを利用しました。

キャッシングのための自動支払機が施設内にあった為、時間もそれ程掛からず必要な分のお金(3万円)を手に入れ、無事商品を購入する事が出来ました。

それまでキャッシングを利用した事が無くあまりなく、イメージも良く無かったため嫌厭していた部分もありましたが、今回だけはキャッシング様様でした。

普段は通帳にはそれなりにお金を残しているのですが、突発的な出費が重なり思いのほか残せなかったんです。

まさか自分が利用するとは思わなかったキャッシング。

本当に助かりました。

自分の収入の範囲で利用可能であれば、私のように嫌厭する必要はそれ程無いかも知れません。

場合によっては地獄に仏の様な存在です。

生活していると様々な場面がありますから、それに応じた利用も必要な時はあります。


キャッシングは、最初に無利子で借りられる所を利用するのがオススメ

夫が私と結婚する前から知り合いに名義貸しをしていました。結婚してから家に何度もサラ金から督促状が届くので、夫に尋ねると、知り合いが全部払うから大丈夫だ!と言うのでほったらかしていました。するとそのうち裁判所から手紙がきて、夫に言うと、裁判ざたになるまでなんで言わないんだ!お前がお金を用意して返せ!と、何故か怒られ、50万円ほどキャッシングローンで借りて返しました。

助かった所は、50万円を貸してくれる知り合いがいなかったので、貸してもらえて助かりました。

あと、最初の30日は無利子だったりするところもとても助かりました。急に借金を返さなくてはいけなくなって、毎月の生活費がギリギリになり突然の出費の時に利用しました。

また、返したり借りたりを限度額以内であれば自由に出来たりして良かったです。お金がある時になるべく沢山返して、予定よりも早く返すことが出来ました。(お金があまりないときのために最初の設定は少額づつの返済にしていました。)

もしも、突然の出費で生活費がどうしても足りなくなった時には、”最初の30日間は無利子で借りられる”所を利用するのがとてもオススメです。私は何度もとても助かりました。


彼が交通事故に遭い、お金に困ってしまいました

一緒に住んでいた彼が交通事故に遭い怪我をして、長期間仕事にも行けなくなってしまいました。事故のショックと、仕事に行けない間のお金の心配などで不安だらけでした。

私も貯金がたくさんあった訳ではなく、精神的にも金銭的にも助けてあげることができず落ち込んでいました。給料が良い仕事ではなかったのですが、正社員で働いていて安くても安定した収入があるので、消費者金融でお金を借りてみようかな…と考えました。私はそれまでキャッシングの経験はなく、分からないことや不安だらけだったのですが、近所にプロミスの無人契約機があったので、とりあえず行ってみることにしました。消費者金融でお金を借りることは家族や友人には秘密にしたかったので、バレずに借りることができるのか…その点も不安でした。

審査を申し込んでみると、初めてでも簡単で、オペレーターの方も親切だったので安心しました。希望額は30万円でした。無事に審査が通り、50万円の融資を受けることができました!初めてで不安だらけの中、審査から融資まであっというまで希望額以上の金額を借りることが出来て本当に助かりました。

大切な彼が事故に遭ったショックで精神的にも参ってしまっていたので、プロミスでキャッシングできたことで金銭的に助けてもらったので感謝しています。

急な出費やお金に困ってしまった時、誰にもお金の相談を出来ない時に気兼ねなく借りることができて、満足しています。借りる時も、返済中も誰にも知られることがなく、安心しました!


カードローン審査で気になるブラックとは?

カードローンの申し込みを行おうと思った場合、必ず審査を受ける形となります。

カードローン会社は、その申し込み希望者の収入や就業状況などを見て、自社が取引するにふさわしい人かどうかを判断し、その基準をクリアしていれば、審査通過となり、申し込み希望者はカードローンを利用することが出来るようになります。

しかし、カードローンには、上記のような内容に加え、もう一つ重要な審査項目があります。

それは、申し込み希望者がブラックに当たらないかどうかの確認です。

カードローン会社は、申し込み希望者が現れた場合、その人のクレジットヒストリーを信用情報機関に必ず確認します。

信用情報機関には、これまでカードローンやクレジットの利用といったような、信用取引をしたことがある人の情報が全て記録として残っています。

では、ブラックとは何なのかについてですが、この信用情報機関に、酷い滞納を行っている、大幅に支払いが遅れている、支払いきれなくて自己破産してしまったといったような記録が残っている人のことを指します。

カードローン会社は、貸したお金が返って来なくなることを恐れるため、過去にこうした経緯のある人が申し込みを行ったとしても、審査に通るのは難しいと言えます。


友人や家族にお金を借りるよりもキャッシングを利用しよう

想定外の理由でお金が必要になるケースがありますが、銀行や財布にもお金がない場合は困ってしまう場合もあるでしょう。家族や友人からお金を借りる方も多いですが、なるべく迷惑をかけたくないと考える方が多いのではないでしょうか。そのような場合に役立つのが銀行や消費者金融が行っているキャッシングを利用するということです。

特に家族や友人にお金の相談をしにくい方には以上に役立つサービスではないでしょうか。キャッシングを利用するためには20歳以上で安定した収入を得ていることが条件になっています。またフリーターなどの場合でも毎月しっかりと収入がある場合は申し込みを行うことが可能です。

申し込み行う際はインターネットを利用してパソコンやスマートフォンから簡単に申し込みを行うことができるので、24時間、いつでも借り入れの申し込みを行うことができるでしょう。また急いでいる場合は即日融資が利用できるキャッシングを選ぶことが大切です。

即日融資の場合は申し込むタイミングも非常に重要になるので、銀行の営業時間以内に審査が終わることを意識して、申し込みを行うようにしましょう。銀行も消費者金融もそれぞれがデメリットとメリットがあるので、それぞれのサービス内容を比較してどちらを利用するのか決めると良いでしょう。


キャッシングの返済日はしっかりと守る事が重要

キャッシングやカードローンを利用した際に重要になる、返済ですが返済日をしっかりと守って支払いが遅れないようにする事が消費者金融との信頼関係を築く上でも重要な部分になります。返済が遅れてしまうと今後キャッシングやカードローンをはじめ、その他の様々なローンを活用したい場合に、契約を結べないことになってしまう場合もあるので、信用を無くさない為にもしっかりと計画的な利用を行うことが大切です。

またしっかりと返済を行っていくと、信用できる取引相手だと消費者金融が判断するようになるので審査にも通りやすくなります。返済の遅れ等に関する情報は、消費者金融や銀行、クレジット会社などで共有されることになるので、十分に気をつけて利用を考えていきましょう。消費者金融も安心して取引ができるお客さんと、契約を行いたいと考えています。

返済日を忘れないように様々な工夫をして、確実に返済ができるように行動する必要があります。返済日を忘れがちな場合は、スマートフォンなどを活用すると良いのではないでしょうか。スマートフォンなどでは指定した時間になるとメッセージを発することができるアプリなどがありますが、そのようなアプリを活用して、返済日を知らせてくれるように設定しておきましょう。