キャッシングの限度額はどんなことで決まるのか

キャッシングの審査などのことを与信というのですが、これはその人の金融信用情報におけるレベルを見られることになります。

要するにどの程度貸すことができるのか、ということになります。限度額はそれで決まることになります。

但し、消費金融においては基本的に総量規制というのがありますから、年収の三分の一を超えることはない、ということになっています。

これが基本的な考え方になります。収入とその人の借金などを考慮して決めることになりますから、実はそこそこわかりやすいことにもなります。

キャッシングの限度額というのはこうしたことがありますから、限度額が人によって大きく違ってくる、ということになっているわけです。

総量規制があってもその限界まで常に設定されるとは限らないのです。