カードローンの審査を通りやすくするには

カードローンを利用している人は、すぐにお金が必要な人が多いと思います。そういう人はすぐに審査を通したいと考えているので、審査に通るか不安になると思います。そこで、確実に審査に通るために最低限守った方が良いルールがあります。

まず、初めてカードローンを作る人、安定した収入がある人、今までに返済の延滞がない人は借りれる可能性はすごく高いです。逆に審査が厳しめになる人は、他社にも借入がある、今までに返済の延滞をしたことがある、収入がまったくない、ブラックにのっている人などです。このような条件に1つでも当てはまっている人はかなり審査に通るのが難しくなります。しかし、このような事がなければ比較的審査に通るので、そこまで心配する必要はないです。しかし、カードローンの審査に通りにくい人でも審査で抑えておいたほうがいいポイントを紹介します。

まず、審査のポイントとなるチェックポイントは、年収、住まい、勤続年数、電話、滞納金、です。住まいは賃貸より持ち家のほうが有利になります。また、勤続年数は同じ会社で働いている方が有利です。電話は携帯電話だけでなく固定電話がある方が有利になります。もし、さっきの通りにくい条件に当てはまっている人でも審査を見られるポイントさえ有利になっていたら審査が通る可能性はあるということです。

ですが、いつどこでお金が必要になるかはわかりません。普段自分は絶対にお金を借りなければいけないような事はしていないと自信を持っている人でも将来は何が起きるのかわからないので、もしいざお金を借りなければいけなくなったときのために、普段から審査が通りにくくなるようなことは控えておくことが大事です。


学生向けのキャッシングについて

キャッシングは簡単にお金を借りることができる方法です。一度審査を通過してしまえば、あとは好きな時にお金を借りて使うことが出来ます。しかし、借りたお金は必ず返済しなければなりません。返済をしないでいるとどんどん金利が大きくなってしまいます。

学生向けのキャッシングというものもあります。学生は生活をするだけで精一杯です。もし、仕送りが送れてしまったら大変です。そのような時にキャッシングをして一時しのぎをして、仕送りが行われた時に返済をすれば良いのです。すぐにお金を返済することが出来れば金利がかからないことが多く便利です。

学生の場合は年会費が無料のクレジットカードが多く、それを作ってしまえばキャッシングを気軽に使うことが出来ます。例えば教科書を購入する時にお金が足りなくなってしまったとか、食費が不足をしていてお腹が空いている時などに役立ちます。学生は教科書を購入しなければならないのですが、大学の教科書というものは値段が高いです。ですから、仕送りだけで対応をすることが出来ない場合があります。もしアルバイトをしているならば、給料の前借りも出来ます。キャッシングをして、アルバイトの給料が入った時に返済をすれば良いのです。


キャッシングの利息は企業の利益

お金を貸す企業は返済時に見返りがあるからサービス提供しています。見返りが存在しなければお金を貸している間はリスクを抱えているだけだからです。リスクに見合うリターンとは貸した額に数パーセントの利息分が上乗せされる事です。多数の顧客にお金を貸して少しずつ利息を得る事が、キャッシングサービスの基本的な仕組みになります。

利息は国の法律ではなくサービスを提供している企業によって定められています。つまりリターンの大きさを調整してリスクマネジメントを行っているのです。顧客は利息が小さくてより多くのお金を借りるサービスを望んでいます。しかし良質なサービスを利用するためには相応の信用が必要です。それを調査する事は審査と呼ばれており、キャッシングサービスを提供する企業は必ず行っています。一般的にキャッシングサービスの審査の突破は、利息が低い企業ほど難しいと言われています。

利息面が優れているサービスは社会的信用を得ている人物でなければ利用不可能です。しかし社会的な信用をほとんど持たない人物でもキャッシングサービスは存在しています。より多くの人にお金を貸した方が、利息分を得られる機会が増えるため企業の利益が上昇するからです。


学生のキャッシングについて

学生の方でもキャッシングをしたいと考えたことがある方は多いと思います。帰省するのにまとまったお金が必要で、バイト代が入ればすぐ返せるけどそもそも学生がお金って借りられるの?と不安に思ったのではないかと思います。そこで学生のキャッシングについて書きたいと思います。

まず、学生でもお金を借りられるのかという疑問ですが、多くの場合学生でも問題なく借りられます。ただし、当然ですが社会人の方より借りるのは難しいです。

それは、社会人と比べて稼いでる額が少ないからというわけではなく、信用情報が何もないからです。社会人の場合は年収や勤続年数、過去のキャッシングに関する情報など、返済する能力があるか、信用できる人なのかという判断をする材料が学生より多くあるのです。そこで学生のキャッシングについて考えたとき、審査を通過するためのちょっとしたコツがあります。それは、何か一つクレジットカードを持ちそれを定期的に使用することです。もちろん無茶な使い方をするのではなく、正しく使用しましょう。クレジットカードの使用履歴はしっかり残るのでキャッシングの審査の際に参考にされる場合があります。つまり学生にはほとんど参考になるものがない信用情報を、自分で作ってしまえば良いのです。実際に私もクレジットカードを使用していて、過去に何度かお金を借りたことがありますが、いずれも審査に通っています。もちろんこの方法のおかげだけではないと思いますが、ちょっとしたテクニックとして参考にしてもらえたらと思います。