彼が交通事故に遭い、お金に困ってしまいました

一緒に住んでいた彼が交通事故に遭い怪我をして、長期間仕事にも行けなくなってしまいました。事故のショックと、仕事に行けない間のお金の心配などで不安だらけでした。

私も貯金がたくさんあった訳ではなく、精神的にも金銭的にも助けてあげることができず落ち込んでいました。給料が良い仕事ではなかったのですが、正社員で働いていて安くても安定した収入があるので、消費者金融でお金を借りてみようかな…と考えました。私はそれまでキャッシングの経験はなく、分からないことや不安だらけだったのですが、近所にプロミスの無人契約機があったので、とりあえず行ってみることにしました。消費者金融でお金を借りることは家族や友人には秘密にしたかったので、バレずに借りることができるのか…その点も不安でした。

審査を申し込んでみると、初めてでも簡単で、オペレーターの方も親切だったので安心しました。希望額は30万円でした。無事に審査が通り、50万円の融資を受けることができました!初めてで不安だらけの中、審査から融資まであっというまで希望額以上の金額を借りることが出来て本当に助かりました。

大切な彼が事故に遭ったショックで精神的にも参ってしまっていたので、プロミスでキャッシングできたことで金銭的に助けてもらったので感謝しています。

急な出費やお金に困ってしまった時、誰にもお金の相談を出来ない時に気兼ねなく借りることができて、満足しています。借りる時も、返済中も誰にも知られることがなく、安心しました!


カードローン審査で気になるブラックとは?

カードローンの申し込みを行おうと思った場合、必ず審査を受ける形となります。

カードローン会社は、その申し込み希望者の収入や就業状況などを見て、自社が取引するにふさわしい人かどうかを判断し、その基準をクリアしていれば、審査通過となり、申し込み希望者はカードローンを利用することが出来るようになります。

しかし、カードローンには、上記のような内容に加え、もう一つ重要な審査項目があります。

それは、申し込み希望者がブラックに当たらないかどうかの確認です。

カードローン会社は、申し込み希望者が現れた場合、その人のクレジットヒストリーを信用情報機関に必ず確認します。

信用情報機関には、これまでカードローンやクレジットの利用といったような、信用取引をしたことがある人の情報が全て記録として残っています。

では、ブラックとは何なのかについてですが、この信用情報機関に、酷い滞納を行っている、大幅に支払いが遅れている、支払いきれなくて自己破産してしまったといったような記録が残っている人のことを指します。

カードローン会社は、貸したお金が返って来なくなることを恐れるため、過去にこうした経緯のある人が申し込みを行ったとしても、審査に通るのは難しいと言えます。


友人や家族にお金を借りるよりもキャッシングを利用しよう

想定外の理由でお金が必要になるケースがありますが、銀行や財布にもお金がない場合は困ってしまう場合もあるでしょう。家族や友人からお金を借りる方も多いですが、なるべく迷惑をかけたくないと考える方が多いのではないでしょうか。そのような場合に役立つのが銀行や消費者金融が行っているキャッシングを利用するということです。

特に家族や友人にお金の相談をしにくい方には以上に役立つサービスではないでしょうか。キャッシングを利用するためには20歳以上で安定した収入を得ていることが条件になっています。またフリーターなどの場合でも毎月しっかりと収入がある場合は申し込みを行うことが可能です。

申し込み行う際はインターネットを利用してパソコンやスマートフォンから簡単に申し込みを行うことができるので、24時間、いつでも借り入れの申し込みを行うことができるでしょう。また急いでいる場合は即日融資が利用できるキャッシングを選ぶことが大切です。

即日融資の場合は申し込むタイミングも非常に重要になるので、銀行の営業時間以内に審査が終わることを意識して、申し込みを行うようにしましょう。銀行も消費者金融もそれぞれがデメリットとメリットがあるので、それぞれのサービス内容を比較してどちらを利用するのか決めると良いでしょう。