レイクは総量規制対象外

レイクというと消費者金融金融大手の4番目か5番目に位置する準大手かなといったイメージがありませんか。実はレイクは昔は外資系投資グループ所属の消費者金融でしたが、新生銀行が買収した事により銀行系カードローン会社に業態がかわっているのです。

何が違うのかというと、非常に大きな意味を持ちます。それは総量規制の対象外となる事です。

総量規制とは年収の3分の1以上の貸出を行えないといった制度ですが、これは貸金業法に規定される消費者金融業者のみに適用されます。それに対して、銀行系カードローンは銀行法が適用されますので、総量規制の対象外になるのです。同じ様な仕事をしているのに規制が違うって面白いですね。

総量規制一杯まで借入を行ってしまった人は、一縷の望みをかけレイクに頼ってみるといいかもしれません。


キャッシングは手数料と利息、バランスよく使って得に使いましょう。

きっかけは、メールマガジンです。

丁度現金に多少困っていたのと、対面審査なし。電話のみでOK!って言葉に引かれて、テレビCMで良く見かけるキャッシング会社へ申込みました。

PC経由で登録、免許証のスキャンデータを送るだけで登録、カードは郵送との事でしたが、結果は無人店舗へ来て手続きをしてくれ。との事でした。

無人店舗と言っても結局テレビ電話経由ですから、対面と変わりません。

確かに即日カード発行、即日利用は可能でしたが、結局無人店舗へ行く手間は有ります。

キャッシングで返済は最低額(私の場合は5000円)の返済で利用できます。

更にATM利用額が無料なので上手く使えば非常に便利だと思います。

例えば、利用銀行のATMが無く、夜間の場合はATM利用料+夜間割増料金が取られますが、

私の利用しているキャッシングカードはいつでも利用料は無料です。

ですので利用額を翌月にそのまま返済すれば、下手に銀行ATMを利用するより良いです。

コンビニで手数料無料も有りがたいです。

銀行系のキャッシュカードですと他店舗扱いとなり手数料が取られますから。

ちゃんと返済さえしていれば、銀行のキャッシュカードと同じに使えます。

キャッシングカードは便利です。

但し当然ながら金利がかかります。

そのことをしっかりと認識すればとても便利な物です。

手数料無料と金利(手数料の金額)をしっかりと把握していれば、

銀行のキャッシュカードよりも割安で使える可能性が有ります。