総量規制と消費者金融からのキャッシング。

様々な金融業者(消費者金融)にお世話になりましたが、一番お世話になったのは、プロミスでした。
大抵、消費者金融の金利は18パーセントでしたが、プロミスだけは100万円借りるということで、利息を15パーセントに引き下げてくれました。
最初に借りたのは、アコムかアイフルで、そのあとレイクとプロミスに借りたのですが、その時点で借金が100万円を越えたので、地元の信用金庫から100万円融資を受けて、いわゆる「おまとめローン」を組んだんです。
ここでポイントなのが、信用金庫からの借金は総量規制対象外ということです。
これで実質、消費者金融からの借金はゼロ扱いになり、さらにプロミスから100万円融資してもらうことができました。


キャッシング審査で気になる在籍確認のしかた

キャッシングの審査で特に気になるのが在籍確認がどう行われるのか、という点です。
職場に知られたくないと心配する人もいるでしょうし、うまく在籍確認自体ができるのか不安だ、という人もいるでしょう。

在籍確認については担当者が個人名のみで電話をかけるため、キャッシングであると知られることはありません。その点は心配しなくてもよいでしょう。
問題は在籍確認自体が可能かという点です。

いまは個人情報保護の観点から、社員の在籍の有無も含めて一切電話では応答しないという会社も出てきています。
これでは申し込みをした人の在籍確認がとれないですから、別の方法をとるしかありません。このようなケースでは複数の収入証明書や社会保険証などを使って書類での確認を強化するようです。