カードローン審査で気になるブラックとは?

カードローンの申し込みを行おうと思った場合、必ず審査を受ける形となります。

カードローン会社は、その申し込み希望者の収入や就業状況などを見て、自社が取引するにふさわしい人かどうかを判断し、その基準をクリアしていれば、審査通過となり、申し込み希望者はカードローンを利用することが出来るようになります。

しかし、カードローンには、上記のような内容に加え、もう一つ重要な審査項目があります。

それは、申し込み希望者がブラックに当たらないかどうかの確認です。

カードローン会社は、申し込み希望者が現れた場合、その人のクレジットヒストリーを信用情報機関に必ず確認します。

信用情報機関には、これまでカードローンやクレジットの利用といったような、信用取引をしたことがある人の情報が全て記録として残っています。

では、ブラックとは何なのかについてですが、この信用情報機関に、酷い滞納を行っている、大幅に支払いが遅れている、支払いきれなくて自己破産してしまったといったような記録が残っている人のことを指します。

カードローン会社は、貸したお金が返って来なくなることを恐れるため、過去にこうした経緯のある人が申し込みを行ったとしても、審査に通るのは難しいと言えます。