基礎

朝からずーっと考えていた。いや正確にいえば夜…再びずっと前から…
あきらかにお金が足りない。決断太陽はあすです。
今まで後れしたことのあるのは、クルマの借金だけです。これはほぼ引け目も無く払い出しを後れできた。
しかし今回は信販系のキャッシングの払い出しです。今までの意気込みとは明らかに違う。

おかしなものだ…とも「借りていらっしゃる」という屈服では同じなのに、自分の中ではよっぽど別のものとして認識しているのだから。
内面のボーダーラインはここまでだと思っていた。
しかし今日、そこからの一歩を踏み出そうとやる。

そんなに、いわゆるサラ金から、小遣いを借りようとしているのだ。
そうでなければ、どうしても回らなくなってしまっていた。
こんなこと、相談できる目標などいない…こんな目標などいたらこんな事態に陥ってなかったかもしれない。
今の世の中、多くの訴求が流行り、街角の至る所に呼物がたっておる。

必ずやなんでもない振舞い、誰でも借りているのだ…
そんなふうに何度も言い聞かせ、散々調べ、眺めていた各社のインターネットの中から一門を選んだ。
テンポが苦しい、今出社がおわり、ショップをでたら…
更に時間もほかのバリエーションもない

適正、喚きみたいだった。大層凄い面構えをしていたのだろう…
「どうしたの?なにかあった?」
救いのワンポイントだった…対して関連もよくもない、ただ隣の席で仕事をしているだけの縁だった妻からの一言に、その時何だか私はすがった…
「サラ金…で、小遣い借りた振舞い居残る?」

その日から、妻は私の親友となり、私はキャッシングへの一歩を踏み出していう