総量規制外の楽天ローン

楽天銀行が提供するカードローンである楽天ローンは、おまとめローンとしても利用できる限度額が最大500万円の銀行ローンです。

特徴として、個人としての契約の場合、限度額が300万円までなら原則として収入証明書の提出が不要です。また消費者金融では金利が最高で18%と設定されている業者が多いですが、この楽天ローンでは最高でも14.5%です。

実店舗をもたないネット銀行のカードローンですが、きちんとキャッシュカードが発行されますので、コンビニのATMでの借り入れ、及び返済が可能です。

この楽天ローンは総量規制の対象外なので、既に総量規制額まで他社からの借り入れがある人でも、使用目的によっては契約出来る可能性があります。特に金利の高い消費者金融からの借り換えや、おまとめローンとして利用するには有効なローンだと言えます。

限度額の設定は10~500万円と使用目的によって幅がありますので、もちろん普通のキャッシングとして利用する場合でも、金利的にお得なキャッシングになると思います。


レイクは総量規制対象外

レイクというと消費者金融金融大手の4番目か5番目に位置する準大手かなといったイメージがありませんか。実はレイクは昔は外資系投資グループ所属の消費者金融でしたが、新生銀行が買収した事により銀行系カードローン会社に業態がかわっているのです。

何が違うのかというと、非常に大きな意味を持ちます。それは総量規制の対象外となる事です。

総量規制とは年収の3分の1以上の貸出を行えないといった制度ですが、これは貸金業法に規定される消費者金融業者のみに適用されます。それに対して、銀行系カードローンは銀行法が適用されますので、総量規制の対象外になるのです。同じ様な仕事をしているのに規制が違うって面白いですね。

総量規制一杯まで借入を行ってしまった人は、一縷の望みをかけレイクに頼ってみるといいかもしれません。