キャッシング、カードローンは時に敵にも味方にもなる

転職したことで、給料が減り、いままでの生活水準を保つためにリボ払いを始めたことがきっかけです。それまで使ったことはなかったけれど、一回使い始めたのをきっかけに限度額が自分の預金額のような錯覚を起こし、足りなくなれば新しいカードを作成し、どんどんと利用額が増えていきました。まだ限度額に余裕があるうちはキャッシングやカードローンを使うことをやめられませんでした。

転職したてで給料が少ない中、やりたいことにどんどんチャレンジすることができて自分の知見を広げ成長につなげることができました。しかし使い慣れてしまったことで限度額が自分の預金額と錯覚し、返す計画を立てずに気づけば限度額まで使い切ってしまいました。給料が上がった今でもその返金に追われ、収支のバランスが取れず毎月利子を含めた支払いに追われていることで、精神的にとてもつらいです。良かった点は自分がなかなかチャレンジできない一歩をお金を借りれたことで踏み出せたことです。困った点は無計画に使ってしまったことで現在生活が困窮してしまっていることです。

借りる時には必ず返すための計画を持ってください。返済に向けてどうやって稼いでいくかの手段を持ちましょう。借りてるお金が抱え切れなくなってくると精神的に追い詰められるし、身体にも不調をきたします。身体を壊して働けなくなったら返すお金も稼げません。

私はギリギリまで追い込まれないと考えられないタイプなので、借りれるお金がなくなってようやく重い腰を上げました。そうやって追い詰めないと稼ぐ力をつけられないという人はいいのかもしれませんが。