学生時代にキャッシングをしてみて

私は学生時代にキャッシングを利用したことがあります。奨学金とアルバイト代で生活費を捻出してたのですが、どうしても行きたいライブがありお金が足らなくなりました。理由が理由なので親にお金を貸してともいいにくかったのでキャッシングを利用することにしました。

本人確認は簡単に済み五万円をすぐに融資してもらうことができました。日々の生活でカツカツだったので五万円返済することは無理なので2回に分けて返済しようとおもいました。三十日間は無利子だったのですが、2回目の返済日は無利子期間外だったので少しだけ金利がかかってしまいました。

でも事前にきちんとわかっていたことなので別に何も思いませんでした。返す予定さえたてているならばキャッシングはとても便利です。


総量規制外の楽天ローン

楽天銀行が提供するカードローンである楽天ローンは、おまとめローンとしても利用できる限度額が最大500万円の銀行ローンです。

特徴として、個人としての契約の場合、限度額が300万円までなら原則として収入証明書の提出が不要です。また消費者金融では金利が最高で18%と設定されている業者が多いですが、この楽天ローンでは最高でも14.5%です。

実店舗をもたないネット銀行のカードローンですが、きちんとキャッシュカードが発行されますので、コンビニのATMでの借り入れ、及び返済が可能です。

この楽天ローンは総量規制の対象外なので、既に総量規制額まで他社からの借り入れがある人でも、使用目的によっては契約出来る可能性があります。特に金利の高い消費者金融からの借り換えや、おまとめローンとして利用するには有効なローンだと言えます。

限度額の設定は10~500万円と使用目的によって幅がありますので、もちろん普通のキャッシングとして利用する場合でも、金利的にお得なキャッシングになると思います。


楽天銀行カードと楽天銀行スーパーローン

楽天市場でよく買い物をするのでそれに合わせて楽天銀行カードを作りました。キャッシング枠が50万円ついた銀行系クレジットカードです。

その後、楽天銀行スーパーローンの申し込み案内が届きカードを作ってるのにローンをさらに申し込めるものかと疑問に思いましたが、試しに申し込んでみると30万円のローンに通りました。その後、私は性格がズボラなため、数年に1回くる所得証明の提出を楽天銀行スーパーローンに期日内に送らずに融資がそれ以降ストップになって支払いのみを続ける羽目となりました。

楽天銀行カードのキャッシングもストップされるのかなと思いましたが、そちらは普通通り使えております。この2つのクレジットローンは楽天内の別会社が管理しているのかなと思われ、すべて審査も別々だと思います。あまり双方が繋がってないのかもしれません。

結果、2つのローンを楽天で組める可能性も十分ありますので、チャレンジしてみるのも一考です。


キャッシングは銀行ローンが低金利でお得

最近、銀行が力を入れているローンがキャッシングです。かつては事業者ローンや住宅ローンなどで利益を得ていましたが、最近の銀行ローンの主力商品はキャッシングなのです。大口ローンが超低金利になることで利益を得にくくなったのも理由でしょう。消費者金融より低金利、そして総量規制対象外を売りにしており、消費者金融から乗り換えする方が増えています。

銀行ローンの審査は、口座開設していると通過しやすくなりますから、すでに口座開設している銀行からローンを探すのもよいでしょう。ほとんどの銀行はキャッシングを用意しており、年率は15.0%以下が主流です。銀行は他社借入件数にシビアなところがありますが、今まで延滞していなければ問題なく借入できることが多いです。


キャッシングの当人実証について

キャッシングの際にはしっかり自体審査をされます。これは当然の事なのですが、貸すやつはとっても現状サイン通りのヒューマンなのか申告してきた通りのヒューマンなのかという確認をしないことには安心して原資を貸すことはできないからだ。なので自体審査を必ずやされるのですが大体は確認するニュースが決まっています。主には場所、言い方、バースデイ位その人本人の情報とその人がいるお家の情報や勤め人であるならば勤務している店先の情報について確認されます。
借り受けるサイドは殊更自体審査をされて困ることはないと思うのですが、しいて引き上げるなら在籍審査はできることならばして欲しくないというほうがほとんどだと思います。その理由として、予想は低に済ませろ店先にキャッシングのことがバレる可能性があるからだ。ですがサラ金や銀行からすると確認しないわけにはいきません。ただ確認するといっても借りようとしていらっしゃる人の情報を店先に言うわけではありません。ただ店先に電話をして借りようとしていらっしゃる人の言い方を話し今話をすることができますか?というような言い回しをします。連絡先のヒューマンが今催し物をはずしていますなど、その店先には在籍しているが今は出れないという内容のことを言えば在籍審査は終わりだ。
サラ金や銀行は連絡のとき、店先呼称ではなくそれぞれ呼称をおっしゃるので仕事場にサラ金や銀行から連絡が来たと判断される疑惑はありません。このような感じで自体審査は敢然と受けるのでお先に想定しておいた方が良いです。


おまとめローンを利用するメリット

キャッシングを何社からも借りていると、それだけでコストがかかってしまいます。返済に行くだけでもいくつかのATMを回らなければいけなく時間がかかりますし、車や電車で移動するだけでも交通費がかかります。ATMに行く時間がなくて銀行振り込みを利用するだけでも手数料が発生します。

1社だけなら良いですが、数社になってくると目に見えないお金がかかってしまうのです。数社からキャッシングをしている方にお勧めなのが、おまとめローンです。おまとめローンとは、数社から借りているお金を1社にまとめる事を言います。

おまとめローンにする事で利息も軽減されますし、先ほど書いたように目に見えないお金が減る事が無くなるのです。返済がしやすくなりますので、多重債務の方は、一度おまとめローンの審査に申し込みをしてみてはと思います。


アイフルに助けられました

私が初めてアイフルのキャッシングを利用したのはかれこれ4年ほど前で、今も困ったときにはすぐ借り入れできるのでとても助かっています。1番最初に借りたときは友人の結婚式招待されたときでした。その時はお金にまったく余裕がなく、でも親友ですのでなんとしても出席したい!という気持ちが強かったです。

友達や親から借りるのは嫌だし給料日もまだまだ先という状態。散々考えた結果、初めてカードキャッシングを利用することにしました。最初はなにか怖いイメージがあり本当に借りるか迷いましたが、結婚式に出席したい気持ちが勝ち借り入れを決心しました。

審査は非常に簡単でインターネットからの手続きで10分もかかりませんでした。そして借り入れ可能額を見てビックリ!なんといきなり50万円も借り入れ出来る状態でした。でもあまり借金はしたくないので結婚式のお祝いと新調するスーツ代だけ借り入れしました。

金利はちょっと高い感じがしましたが、特に不満もありません。それからは困ったときには借り入れするようになりとても助かっています。コンビニのATMからも借り入れできるのが非常に便利であり、借りすぎないように注意すれば本当に便利だと思います。悩んでいるなら思い切って利用したほうが絶対に良いと感じています。


セブン銀行カードローンとは!

近年急速に利用者数と預金残高を伸ばしているネット銀行であるセブン銀行は、ネット銀行である強みを活かして預金金利が高金利であることに加えてキャッシング商品の金利も低めに設定されているので、とても利用しやすくなっています。

セブン銀行カードローンの強みや特徴について具体的に列挙をしますと以下の点が挙げられます。

1.ネット申し込みができて、本人確認書類や収入証明書類の提出は必要なし

2.審査にかかる時間は最短で10分!

3.インターネットを利用したキャッシングはもちろん、セブン銀行のATMからいつでもキャッシングができる!

以上に挙げた点以外にも多くのストロングポイントがセブン銀行カードローンにはあります。

カードローン初心者から上級者まで多くの人に自信を持っておすすめしたいカードローンの一つであります。


年末にキャッシングで助かった友人の話

私の友人の話ですが、年末に急に予定外の帰省をしなくてはならなかったとき、キャッシングでお金を借りて帰省できたというのを聞いたことがあります。

自分のお金が入っている銀行口座が、休日のために利用できなかったそうです。どうしても帰省しなければならず、持ち合わせの現金も足りず、考えた末に消費者金融でカードを作って、必要なお金を借りて、無事に帰ることができたとのことでした。

消費者金融のキャッシングというと、多くの借金を抱える人が利用するようなイメージがありますが、この友人のように、どうしても必要なお金が引き出せない時に使うという利用の仕方もあるのだなと考えが変わりました。

キャッシングは金利が発生しない時期に借りたお金を入金すれば、借りた人が困らずに返すことのできる借金なのです。どうしても、借りっぱなしで金利が発生してしまい、お金が入ってから、借りたお金より多く返さなければならないというイメージがつきもののキャッシングですが、かしこく使えば、困ったときの味方になってくれます。

普段から、お金とうまく付き合える方には、消費者金融も自分のために利用することができるのです。こういった利用の仕方、大きく言うとお金についての教育は、家庭や学校で、子供のころから浸透させたいものです。


キャッシングの申し込みは本人確認書類をウェブへ添付しました

子供の教育費が想像以上に必要になり、パート代のみでのやりくりは厳しくなってきたので、キャッシングが利用できればいいな〜と考えるようになりました。キャッシング申し込みは自宅のパソコンから行い、本人確認書類の提出が必要だったので、カメラアプリで撮影して、ウェブへ添付するようにしました。

会社名や勤務年数、年収など全て正しい情報を記載し、手続きすると平日14時までに申し込みを行えば、即日融資が可能なので、急ぎで手続きの旨をオペレーターへ伝えておきました。審査結果は1時間ほどでわかり、すぐにお金が必要だったのでネットバンク経由にてキャッシングすることにしました。

パート主婦でもキャッシングの申し込みができるんだな〜とわかり、家族に内緒でキャッシングでき、利用明細書もウェブでチェックできるので安心できます。子供の教育費は、何かと必要になるので、急にまとまったお金が必要になった時は、キャッシングが利用できると便利ですし、ちょっと借り入れした時などキャッシングができると精神的にも安心感を得られます。

不足した子供の塾代をすぐキャッシングで準備できたのでよかったです。本人確認書類も運転免許証で行い、スムーズに手続きできました。